【クリ飯】#3 「銀座亭」

クリリンのブログ

今回もお客さんとお話していて教えて頂いたお店へ行って来ました。

新橋周辺でお仕事をされているそうで、お昼時にはよく通われている中華料理屋さんだそうです!

中華料理…大好物であります!

でも「銀座亭」って名前が高級そうな名前だけどどうなんだろう。

迷っていても僕のお腹が中華を食べたがっているんだ!行くしかない!

しかも新橋スタジオから歩いて15分。ちょうど運動にも良い距離です。

銀座7丁目、昭和通りから入り2個目の交差点に面しているところに見つけました!

外観はザ中華料理屋で、想像してた高級店というより昔ながらの雰囲気をもつ老舗店。

あまり知識のない僕にもわかる「あっ、この店美味しいんだろうな」と思わせる佇まい。

いざ参らん!

店内はカウンター席のみで、テレビにも出演してそうな貫禄のある方が中華鍋を振っていました。

綺麗な弧を描いて舞う黄金色のそれは、見るもののよだれを増幅させる美技でありました。

メニューは中華料理の定番のものがずらり。

僕は、もちろん「チャーハン」を頼みました!

「900円か〜。チャーハンにしては高いなぁ」

正直そう思いました。料理が提供されるその時までは。

多っ!!

想像の1.5倍の量にまずは驚く僕。先ほど暴れ宙を待っていたものが、薬味も適量で卵のダマもみられない美しい半球の綺麗な形に整えられお皿に盛り付けてありました。

そして一口。

「こ、これは、、、」

緻密に計算され作り上げられた味付けに、夏休み田舎のおばあちゃんの家の縁側で涼んでいる時の素朴さが一気に口から脳へ伝わって来ました。

何を言っているのか僕にも分かりません。笑

慣れない例え方をするとこうなります。よく分かりました。

しかし!言いたいことはこれが「チャーハン」なんだってことです。

今の時代にはいろんなチャーハンがありますし味の濃さや薬味の量等好みも人によっては違います。

でもそれらのチャーハンの原点はどこなんだ?何を基準に味を濃くしたりトッピングを変えたりしたのか。

クリリン、見つけてしまいました。

そうです!この「銀座亭」で作られるチャーハンが元祖チャーハンだったのです!(絶対違う)

そこまでは言いませんが、それほど洗練されたチャーハンだということが言いたかったのです。

注文した時、900円は高いなぁって思いましたが、量とこの味を考えれば納得せざるをえない値段だと感じました。

中華料理屋に行ってチャーハンだけ食べるという事はあまりないのですが、

ここだとボリュームから味から大満足させてくれました!

次行く時は違うメニューも食べに行きたいと思います。

それで今回は以上ですー

コメント

タイトルとURLをコピーしました